トップページ ≫ 防犯システム ≫ 個人のお客様 ≫ ホームセキュリティに防犯カメラ
私はチーム・マイナス6%

ホームセキュリティに防犯カメラ

防犯カメラを設置する際に、侵入盗の抑止なら出入り口を重点的に映像を押さえるだけではなく、あらゆる侵入手段を想定して防犯カメラを設置する必要があります。
近年の空き巣被害状況では2階からの侵入や隣りの家から裏口に回るケース等、「ここは大丈夫だろう」と思われていた場所から侵入を許す被害が増加しています。
侵入盗犯罪を抑止する為のポイントは侵入可能箇所を全て可能な限り死角を無くすことです。

ホームセキュリティ(防犯カメラ) モデルプラン

1.住宅に屋外用防犯カメラを設置し、侵入者への威嚇
侵入者は必ず外部から侵入します。防犯カメラを四方に設置し、住宅の出入が可能な場所の死角を無くし監視・記録を行います。
警備会社を狙った空き巣が多発していますので、現在警備会社をご利用の方も、防犯カメラの威嚇効果と証拠を記録するシステムを加えて、防犯対策強化もおすすめします。



2.高くから見下ろし広角撮影
個人住宅に入る空き巣は防犯カメラの設置に気づけば、諦めるか、とにかく死角を探します。
死角をできる限り無くす方法の一つとして、カメラを高い位置に設置し、上から下を見下ろす形で広角に撮影します。2階からの撮影や、専用にポールを設置することも威嚇効果も高くなり防犯カメラとしての機能を最大限に発揮します。



3.近所のトラブルも住宅の防犯カメラで防ぐ
防犯カメラは侵入盗対策以外でも、ご近所のトラブルの対策にもよく利用されます。
多くはイタズラや、不法投棄などが上げられますが、事実、迷惑行為による犯罪を、防犯カメラで証拠を残し、検挙につながるケースは非常に多い事も、ニュースや新聞で多数取り上げられているのでご存知だと思います。もし今お困りの事がございましたら、弊社までお気軽にご相談ください。

ホームセキュリティに使用する防犯カメラ機器紹介

屋外用防犯カメラ

屋外に設置する防犯カメラになるので、夜間でも鮮明映像が撮影できる赤外照明付カラーカメラが最適です。また、ハウジング一体型の防滴タイプである筒型防犯カメラなら、コストも抑えることが出来る為、住宅の防犯カメラにおすすめです。



レコーダー

空き巣、侵入盗やイタズラ不法投棄などの証拠を押さえる為に、レコーダーは必要となります。
レコーダーには様々な種類が存在します。多機能なレコーダーが増えていますが、住宅で使用する際は、扱いやすいレコーダーを選ぶことが一番です。用途に合わせ最適なレコーダーを弊社がご提案いたします。




モニター

住宅の防犯カメラ映像を確認する際にモニターは必要ですが、実際に新しく購入しなくても、現在ご利用のテレビの使っていないチャンネルがあれば、そこで映像を確認するのが最良です。
また、使ってないテレビがあればそれでも構いません。




その他

その他、防犯カメラを設置する際にはモデルプランには記載していませんが、防犯カメラに電気を供給するカメラ用電源装置が必要になります。







ホーム | 防犯カメラ| 防犯システム | 万引き防止 | 出入管理 | お問い合わせ
Copyright © 2011 防犯カメラ 監視カメラグローリーサポート All rights reserved.