私はチーム・マイナス6%

マンションの防犯カメラシステム設置例

大阪市内マンションの設置事例

マンションの入り口、エントランス、エレベーター前に設置し不審者への威嚇・監視を目的とした防犯カメラの設置依頼。

マンションでは、多くの人が生活をしていることから、エレベータのイタズラや空き巣・侵入盗、また、ニュース等で連日取上げられる凄惨な殺人事件等、大小様々な犯罪が起こっております。
防犯カメラで、犯罪の規模に関わらず、犯罪の威嚇・抑止を前提としたシステムをご提案します。



STEP 1 事前調査

防犯カメラの設置位置を入念に現地で事前調査。
各フロアのエレベーター・非常階段等の侵入箇所の監視と、マンション正面玄関の出入監視に加え、メールBOXのイタズラも抑止できるように設置。
様々な犯罪を威嚇・抑止できるように設置場所を選び、機器のデモを行い、カメラの映像も打ち合わせの中で確認頂きました。



STEP 2 機器の選択

エントランス・非常階段の出入を監視するカメラとして提案はドーム型防犯カメラではなく、筒型の赤外照明付防犯カメラを使用、非常階段等夜間でも問題なく監視でき、防犯としての威嚇効果を利用します。
不審者に明らかに防犯カメラと遠目で確認できる部分も、大切な威嚇のポイントです。



各フロアでエレベーターの出入を監視には耐衝撃仕様のドーム型カメラを使用。傘の先端等でイタズラをされても破壊される事はありません。
また、エレベーター内に設置すると、後付工事の場合、工事費用が大幅に上がる可能性がありますので、このケースの様に出入口を監視するだけでも防犯上の問題はありません。またエレベーター内のカメラを嫌う方も多くいらっしゃいます。見積りの段階で必要性を再度確認する事をおすすめします。



そして、正面玄関の侵入を監視は防犯カメラ設置をアピールすべく、ハウジングに収めて使用。マンション内での犯罪を許さない使用法で、威嚇効果を十分に発揮します。
撮影範囲は、侵入者やメールBOXのイタズラを監視できる位置に設置いたします。



STEP 3 設置工事

本社と各営業所の設置工事は2日に分けて行いました。
本社・各営業者共に、ドーム型カメラを天井(上部から広角に侵入箇所の映像を捕らえるポジション)に設置。
天井の点検口に配線を這わせ、配線の露出を無くし、デジタルレコーダーに繋げ、 出入り口となる各箇所をしっかりと監視映像の記録ができるように設置工事いたしました。





ホーム | 防犯カメラ| 防犯システム | 万引き防止 | 出入管理 | お問い合わせ
Copyright © 2011 防犯カメラ監視カメラグローリーサポート All rights reserved.