私はチーム・マイナス6%

病院の防犯カメラシステム設置例

大阪市内のクリニックでの事例

大阪市内クリニックでの防犯カメラ導入事例。
受付での防犯対策として防犯カメラと、院内で管理する薬品や医療機器、個人情報等が外部に漏れない様にする為の監視カメラのご依頼。

強盗、侵入盗の監視・抑止の防犯カメラと、近年、病院での薬品や医療機器の外部流出の事件が新聞やニュースでよく耳にしますので、個人情報の流出も同時に防ぐ様に徹底した院内管理を行う上での監視カメラによる抑止効果を付け加えた防犯カメラシステムをご提案。




STEP 1 事前調査

防犯カメラの設置位置を入念に現地で事前調査。
受付にあたるカウンターは金銭の受け渡しも行うため、防犯カメラでしっかりと監視し、犯罪の抑止。
また、院内の通路に防犯カメラを設置し、薬品や医療機器の持ち出しを監視できるシステムをご提案。
防犯上のアドバイスを踏まえて打ち合わせ、防犯カメラの設置例を図面にて確認していただき、ご担当者様の意向に合わせたご提案をいたしました。



STEP 2 機器の選択

適材適所のカメラを選択。
カウンターに設置する防犯カメラはお客様に不快感を与えないミニドームカメラを設置。手の平サイズで圧迫感を軽減させるだけでなく、広角レンズで画角も幅広いため、カウンターでの防犯対策としては最適です。
また通路には通常のドーム型防犯カメラを使用。
監視カメラとしての認識はされていますが、通常の防犯カメラ・監視カメラに比べて圧迫感は軽減されているので、従業員の方に不快感を与えません。



STEP 3 設置工事

カウンター・通路共にドーム型カメラを天井(上部から広角に侵入箇所の映像を捕らえるポジション)に設置。天井の点検口に配線を這わせ、配線の露出を無くし、デジタルレコーダーに繋げ、監視映像を記録できるように設置工事。




ホーム | 防犯カメラ| 防犯システム | 万引き防止 | 出入管理 | お問い合わせ
Copyright © 2011 防犯カメラ監視カメラグローリーサポート All rights reserved.