トップページ ≫ 万引き・内引き対策 ≫ 万引き防止システム ≫ システム設置例 ≫ 病院でのセキュリティーゲート
私はチーム・マイナス6%

介護施設・病院でゲートを使用した安全対策

高齢化が進み、介護施設は全国的に多くなってきました。
それと比例して、施設を抜け出した高齢者が事故にあったり、行方不明になったりする事件がニュースでよく取り上げられています。
弊社ではネームプレートや衣服にタグを付け、高齢者の徘徊を防ぐ防犯ゲートの使用方法もご提案しております。
また、病院等で、重要書類や薬品など外部に絶対に持ち出してはいけないものを保管する室内に防犯ゲートを設置し、入退室の管理の徹底に役立たせる利用方法もございます。

ナースステーションでのセキュリティゲートシステム

ナースステーションには、各種医療機器や薬品等が多数置かれていますが、看護士さんは業務の多忙さに追われており、ナースステーションが無人化することも多々あります。
無断侵入による事故を未然に防ぎ、安心して看護士さんが職務に従事できるように、簡易的で確実な侵入警報システムが求められています。



一般の入室管理システム

1.ICタグや生体認証を利用して、入室を確実にチェック
デメリット・・看護士の皆さんがナ−スステ−ションに出入りする回数は非常に多く、緊急対応時には、すばやい入室が求められます。そのため入室時にいちいち個別認証する余裕も時間もありません。

2.人感センサを利用して、入室者があれば常にお知らせ
デメリット・・病院内であることから、音による警報は必要最低限にする必要があります。また、注射針等危険物がありますので、一定のセキュリティ度の確保が必要です。



当システムでは

1.看護士や医者等入室が必要な医療関係者に専用タグを身に付けていただきます。
2.ナ−スステ−ションの出入り口や立ち入り禁止区域にアンテナを配設します。
3.タグを装着した医療関係者は、自由にアンテナを配設している区域に出入りすることが可能です。
  タグを未装着の者がゲート内(ナ−スステ−ション)に立ち入りした場合は、警報を発報して、異常を
  お知らせいたします。保安室への通報や監視カメラとの連動で侵入者を録画することも可能です。


ナースステーションでのセキュリティゲートシステム 運営イメージ

1.ナ−スステ−ションに入室する医療関係者に専用タグを身に付けていただきます。
2.ナ−スステ−ションの出入り口や立ち入り禁止区域にアンテナを配設します。
3.タグを装着した医療関係者はアンテナを配設している区域に自由に出入りできます。
4.タグを持っていない人が、出入りしようとするとゲ−トから警報音が鳴ります。
5.監視カメラとの連動で出入りを確実に録画することやタグを未装着の者がゲート内に入った場合
  に離れた場所に警報を通知することも可能です。



ナースステーションでのセキュリティゲートシステム 導入ポイント

人体や医療機器に影響をあたえません。
微弱電波を利用したシステムですので安心です。
すばやい検知速度
立ち止まらなくても、入室可能者かどうかを検知しますので、業務に支障を与えません。
利用者への配慮
タグは非接触で検知。カード挿入等の操作が不要なので、両手に荷物を持ったまま出入りが可能です。
タグは無電池
タグは無電池ですので、半永久的にご使用いただけます。
使い勝手の良いオペレ−ション
入室許可者と一緒ならば、操作無しで入室可能です。患者や家族に違和感を与えません。


万引き防止システム商品案内

デザイン性、セキュリティ性、機能性を追及したセキュリティゲート。
設置場所の美観を崩さないデザインに加え、多くの機能を持つ高性能の商品を揃えています。
設置場所、システム内容に合った商品をお選び下さい。



セキュリティゲート

セキュリティタグ


その他、万引き防止システムに関するご質問、お問い合わせは
お気軽にグローリーサポートまでご連絡ください
ホーム | 防犯カメラ| 防犯システム | 万引き防止 | 出入管理 | お問い合わせ
Copyright © 2011 防犯カメラ 監視カメラグローリーサポート All rights reserved.